Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【2019-Q1】ベライゾン(VZ)の第一四半期決算発表

【2019-Q1】ベライゾン(VZ)の第一四半期決算発表

発芽部長hatsugagennmaiです。

現地時間の4月23日、ベライゾン(VZ)が第1四半期決算を発表しました。

サマリ

  • $1.22 in earnings per share (EPS), compared with $1.11 in 1Q 2018; adjusted EPS (non-GAAP) of $1.20, excluding a special item, compared with $1.17 in 1Q 2018.
  • Total consolidated revenue growth of 1.1 percent year over year, to $32.1 billion.

・1株当たり利益(EPS)が1.22ドル、2018年第1四半期の1.11ドルから伸長。
・特別項目を除いた調整後EPS(非GAAP)は1.20ドルで、2018年第1四半期の1.17ドルから伸長。
・連結総売上高は、前年同期比1.1%増の321億ドル。

となっており、堅調な推移と感じます。

第1四半期PL

売上が1%増収、粗利の改善によって営業利益、純利益ともに大きく増えて着地しています。

売上増減

売上の内訳ですが、Service revenues and other(サービス収益)が増え、Wireless equipment revenues(無線収益)が2%減っています。今ブログを書いている最中ですが、約-2%で推移しています。恐らく本業の無線収益の減少が嫌気されているのではないでしょうか。

一株あたり利益

一株あたりの利益は大きく伸びています。営業収入の伸びが寄与しています。

その他

Wireless:

  • 61,000 retail postpaid net additions, including 174,000 postpaid smartphone net additions.
  • Retail postpaid churn of 1.12 percent, and retail postpaid phone churn of 0.84 percent.
  • Service revenue growth of 4.4 percent year over year.
  • Total revenue growth of 3.7 percent year over year to $22.7 billion.

Wireline:

  • 52,000 Fios Internet net additions; Fios total revenue growth of 3.6 percent year over year.

無線機器については、
・スマートフォンの174,000台の純増。
・サービス収益は前年同期比4.4%増。
・総売上高は前年同期比3.7%増。

ワイヤーライン(インターネット接続など)については、
52,000件の純増。Fios(インターネットサービス)の総売上高は、前年比3.6%増。

という状況でした。

所感など

高配当銘柄ではありますが、市場からの評価は今の所厳しいようです。大幅な売上や利益増が見込まれれば株価は回復していのかもしれません。5G銘柄ではありますが、長い目で見る必要がありそうです。

しかしながら利益はしっかり出ているため、一喜一憂せずに保有していきたいと思います。

 

いつもありがとうございます!応援のポチをお願い致します!
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村